祖父の葬式に夫婦で出席するときのお香典

結婚をすると親族が増えます。まずそれまでの自分の血族があります。そして配偶者の側の姻族があります。同じ親族ですがいろいろな権利が発生するときはそれぞれ区別されることがあります。実際に血がつながっているのと婚姻でのつながりだと意味合いが異なります。血族は基本的には変わることはありませんが、姻族は婚姻関係の状態によって変化することがあります。

夫婦であれば親族の冠婚葬祭に出席をすることが出てきます。祖父の葬式に夫婦で参加する場合がありその時にはお香典としてどれくらい出す必要があるかです。祖父との関係であったり、それまでのお世話のなり方などに合わせて考えるとよいでしょう。近くでよく会っている場合もあれば、遠方でほとんど会話を交わしたことがないようなこともあるでしょう。

一般的には個々で参加しても夫婦で参加してもそれぞれどちらかが出せばいいとされています。相場としては家族で1万円ぐらいとされています。しかし祖父の場合は親族となりそれ以降の食事であったり四十九日法要などの参加も考えられます。それらの費用は別途徴収される場合はよいですが、そうでないときはそのお金も加味して少し多めにすることがあります。2人なら2万円ぐらいにします。

話題になっているキーワード、以下のWEBサイトがイチオシです

Copyright (C)2018葬式は、お金が無くても出来る時代になった.All rights reserved.