お葬式が終わった後の喪の期間はどれくらいか

喪中の時に気を付けることとして年始の挨拶を控えることでしょう。そのことからその年の間に喪中の案内を出すことが多くなります。子供などだとなかなかわかりにくいこともあるでしょうが、大人であればそれなりに理解することができるようになります。では実際のところ喪の期間はどれくらいの期間になるかです。それを知っておくと恥ずかしくない行動ができそうです。

お葬式に参加をしてその後1年間が喪の期間とする考え方があります。そのためにその年の年賀状は出せず、その次の年から通常通りに挨拶をすることができます。実際のところは忌服期間と呼ばれる期間が決められています。両親であったり夫の場合は1年、妻、子供、兄弟は3箇月となっています。祖父母は5箇月とそれよりも長い期間が設定されています。

一応習慣的な決まりとしてはこの決まりに従うことになるでしょうが、今はかなりこの考えで行うことが少なくなっています。夫と妻で大きく差があるのも問題として出てくるところです。親族の場合は1年間とみる考え方が強くなっています。四十九日法要を基準としていることもありますが、それが過ぎれば喪の期間が終わるわけではないので、1年間は見ておいた方が対応がしやすくなります。

話題になっているキーワード、以下のWEBサイトがイチオシです

Copyright (C)2018葬式は、お金が無くても出来る時代になった.All rights reserved.