お葬式に参加した後にすぐに結婚式の予定がある

冠婚葬祭は一生に起こるいろいろなことを一つにまとめた言葉です。一定のルールなどがあるのでそれに応じて参加するなり、執り行うなりすることになります。お祝い事は重なることに特に問題はありませんが、不幸ごととお祝い事はあまりかぶさらないようにしなければいけません。予定などがある場合にはそれぞれどのようにするか考える必要があります。

1箇月後に結婚式があるときに親族が亡くなったためにお葬式に出席することになったらどうするかです。親戚などではなく、会社関係、友人関係などであれば特にそれぞれの式の関係はありません。しかし親族となると1箇月後の結婚式に参加してもらう場合も出てくるかもしれません。非常に関係が強くなってくる可能性があります。安易にことを進めないようにしなければいけません。

喪中となる場合にはお祝い事、神事は避けるのが一般的とされています。ではいつ行うかですが、もっともよいのは喪が明ける時なので1周忌が終わったときなどになるでしょう。しかし四十九日法要が一つの区切りになることもあるので、それで調整をすることもあります。どちらにしても親戚がどのように考えるかになります。結婚式など派手なことをしない、入籍のみなどなら問題はありません。

話題になっているキーワード、以下のWEBサイトがイチオシです

Copyright (C)2018葬式は、お金が無くても出来る時代になった.All rights reserved.