お葬式の時に棺に入れる六文銭は何を意味するか

道路を利用するとき、通常は特に料金を支払うことはありません。でも自動車が利用する高速道路では一定の料金を支払うことがあるでしょう。その他自動車がメインで通行する橋などでも通行料がとられることがあります。今は多くの人の利便性を考慮して便利な仕組みがいろいろと作られていますが、昔は大きな川には橋などはかかっていませんでした。川を渡してもらう必要がありました。

お葬式の時に棺の中に六文銭を入れるとされています。非常に小さいお金になるのでしょうが、これは何のために入れるかです。死んだあとどうなるかはよく言われます。実際のところはそのことを知っている人は誰もいません。そのために想像の世界になりますが、死後の世界に行くためにはある川を渡らないといけないとされています。それは三途の川になります。

その川を渡らなければ所定のところに行くことができません。三途の川はどのようになっているかですが、詳しいことはわかりません。ただ浅い川のようではなく、簡単にわたることはできないようです。昔の川のようにこの川を渡してくれる人がいて、その人に依頼をすることになります。六文銭はその時に依頼人に渡すために必要とされています。故人が無事三途の川を渡れるように入れておいてあげましょう。

話題になっているキーワード、以下のWEBサイトがイチオシです

Copyright (C)2018葬式は、お金が無くても出来る時代になった.All rights reserved.