葬式の時にどのようにお金を入れるか

お金には新札、ピン札と呼ばれるきれいなお札があります。ATMなどを利用するとたまに出金時に出されることがあります。そしてそれ以外のお札があります。新札以外はそれなりに使われていますから、折り目やしわなどがついていることがあります。結婚式などのお祝いごとの場合は新しいものが好まれるので新札、ピン札を用意することが多いとされています。

では葬式の時にはどのようなお札を用意するかです。まずよくないのが新札、ピン札と呼ばれるきれいなお札です。お祝い時に使われることもあり、あまりお祝いの場でないところでは遠慮するようにします。おめでたい服装などをしないのと同じ意味合いでしょう。普通に出回っているお札を用意しますが、どうしてもきれいな札しかないならわざと折り曲げて使うようにします。

あまり気にすることがないのがお金の向きかもしれません。どちらが良いかです。まず一般的な考え方としてお金を袋から出した時にすぐに金額がわかるように入れることがあります。しかし風習としては逆にしているところもあります。実際はいちいちこの人は正しい、この人は逆などとみている人はいません。あまり気にしなくてもよい場合が多いといえるでしょう。

話題になっているキーワード、以下のWEBサイトがイチオシです

Copyright (C)2018葬式は、お金が無くても出来る時代になった.All rights reserved.